拘束アニメーション・レンダリングアニメーション


拘束アニメーションとは?
拘束駆動と同様に、モデルに作成した拘束を複数駆動させることが可能です。
本問題では1ヶ所のみ駆動させます。
レンダリングアニメーションとは?
リアルな映像のアニメーションを作成し、動画ファイルとして出力します。

ピストンの動きを確認できるアニメーションを作成します。

  1.  [エンジンTOP.iam]を開きます。
    エンジンTOP.iamダウンロード(2016形式)

  2. このアセンブリには、[回転用]という名前の角度拘束が作成してあります。
    アセンブリ上でこちらの拘束を駆動させ、動きの確認をしてください。
    ブラウザで[回転用]を右クリックし、[ドライブ]を選択します。
    [駆動(回転用)]ウィンドウが表示されるので、[再生]をクリックします。

  3. [環境]タブからをクリックし、[Inventor Studio]環境に入ります。
  4. をクリックし、[アニメーションタイムライン]ウィンドウを表示させます。

  5. [アニメーションオプション]をクリックし、[アニメーションオプション]ウィンドウを表示させます。
    アニメーションの全体の長さを3秒に設定してください。

  6. をクリックし、ブラウザから[回転用]拘束を選択します。

     

  7.  カメラアニメーションの設定をします。
    以下の図を参考に0~1秒、1~2秒、2~3秒の3種類のカメラ位置を作成して下さい。
    ※最後は拡大気味にしてみましょう。

    [アニメーションタイムライン]で作成した[カメラ1]に切り替え、動きを確認します。

  8. [フェードアニメーション]を作成し、[シリンダー]を半透明にします。
    下記のように設定します。(1~3秒で20%の表示にする)

    アニメーションを再生させ、動きを確認してください。

  9. [ツール]タブから[アプリケーションオプション]を開きます。
    [色]タブをクリックし、[カラースキム]を[冬の夜]、[背景]を[グラデーション]にします。

  10. [エンジンTOP]の下に[グラウンド面]を配置します。

  11. [外観パネル]の中の[影]をプルダウンし、[設定]を選択します。

    [照明の方向]で影の向きを変更します。


    作成したアニメーションをレンダリングし、[Windows MediaPlayer]で再生可能な形式で保存します。

  12. [レンダリングアニメーション]アイコンをクリックし、下図のように設定します。


    設定が終わりましたら、[レンダリング]をクリックします。

    保存画面では、保存場所を適当な場所にし、ファイル名を[練習2]で保存します。

    さらに、出てきたウィンドウで[OK]をクリックします。

    レンダリングする際は、[グラウンド面]の表示設定をオフにします。

    レンダリングが終了しましたら、保存した[練習2.wmv]を再生し確認します。
    ※レンダリングが終了するまでに、数分から数時間かかる事があります。
    これはモデル形状、アニメーション内容、レンダリングの設定やパソコンの性能に依存します。
    レンダリングイメージ(静止画)も作成してみましょう。
    その際[カメラ]を[現在のビュー]にしますと表示画面のままを反映します。

操作方法紹介動画




春の "イコウ" キャンペーン【2018年4月20日まで】

古いオートデスク製品をお持ちの方は最大で25%お得になります。
サイバーエースからのご注文でさらにお得に!