2D図面でRの延長線上に寸法を記入したい


Inventorの2次元図面で、フィレットの延長線上に寸法を記入したい場合、どのようにしていますか?
下記のような手順でスケッチで補助線を追加して寸法を記入している方もいらっしゃるかもしれません。

  1. ビューに関連するスケッチを作成
  2. ジオメトリ投影
  3. 補助線作成
  4. スケッチ終了
  5. 寸法記入

今回は寸法コマンドだけで、Rの延長線上に寸法を記入する方法をご紹介します。

R(フィレット)の延長線上(頂点)に寸法を入れたい!

  1. 「注釈」タブの「寸法」コマンドを実行します。

  2. 1本目の線をクリックして選択します。
    この時点でクリックした線の寸法が出てきます。

  3. 「右クリック」→「交差」を選択します。
    インベンターのバージョンが古い場合は「交点」です。

  4. 2本目の線をクリックします。
    これで1本目と2本目の線の交点が選択できます。

  5. 続けて反対側の1本目の線をクリックします。

  6. 「右クリック」→「交差」を選択します。

  7. 2本目の線をクリックします。

  8. 寸法の配置位置をクリックして寸法を配置します。

Rの頂点に寸法を記入したい場合は、右クリック「交差」をお使いください。

話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。