円弧に直径寸法を記入する方法


Inventorでは、寸法コマンドを実行して、完全な円を選択した場合には直径寸法が表示されます。
しかし、円弧を選択すると、自動的に半径寸法が表示されます。

これでは、キー溝のような、円弧に直径寸法を記入することができません。

今回は、円弧に直径寸法を記入する方法をご紹介します。

円弧に直径寸法を記入する方法

  1. 「寸法」コマンドを実行します。

  2. 円弧をクリックして選択します。

  3. 円弧をクリックすると、自動的に半径寸法が表示されます。

  4. 画面上で右クリックし、「寸法タイプ」→「直径」を選択します。

  5. 寸法が直径寸法に変更されます。
    寸法を配置したい位置をクリックします。

寸法記入後に直径←→半径を変更することはできませんので、ご注意ください。

今話題のFUSION 360

FUSION 360では、Inventorに迫る3DCAD機能、2D製図、構造解析、CAM、レンダリング画像作成まで行うことができます。
※学生・教員の皆様は 3 年間無償でご利用いただけます。