デザインビューリプレゼンテーション


Inventorでアセンブリの様々な表示設定を記録し、保存する方法をご紹介します。
制御できるビューには、表示、非表示、色、ズーム倍率などが存在します。

  1. 新規デザインビューリプレゼンテーションの作成
    [ミニカー.iam]を開いてください。
    ミニカー.iamダウンロード(2014形式)
    各リプレゼンテーションは、アセンブリ環境のブラウザに[リプレゼンテーション]として用意されています。
      
    リプレゼンテーション名を右クリックし、新規作成をクリックします。
    [ビュー1]が新規作成され、アクティブになります。

    リプレゼンテーション名が[ビュー1]のままでは解りにくいので、名前を[内部構造]に変更します。
    [ビュー1]をゆっくり2回クリックすると、名前変更が可能になります。
    ✔が入っているものが、現在アクティブのビューです。

    Check!!
    [内部構造]のビューをアクティブの状態でモデルを回転させ[Default]に切り替えてください。
    表示されているビューの状態が変わり、[内部構造]に戻すとビューが戻ります。
    ビューリプレゼンテーションはロックされない限り、最後のビューを記憶しています。
  2. 不要なパーツの非表示
    [内部構造]がアクティブな状態であることを確認してから、車の外側部分を非表示にします。
    一度に全て選択し、表示設定を外しましょう。
    P1:1、P7:1、P5:1、P5:2、P4:2を選択します。
     
  3. パーツの無効
    手前に表示されているP3の[有効]の✓を外してください。

    無効になったパーツは半透明表示となり、選択することができなくなります。
  4. 表示レイアウトの変更
    画面いっぱいにズームし、下図のようなレイアウトで表示させてください。

    ビューには、最後の状態が保存されています。
    [Default]と[内部構造]を切り替え、表示が変わる事を確認してください。
    カメラビューを保存しておくことで、部品の表示状態だけでなく、モデルの角度も保存しておくことができます。
    モデルを回転した状態でビューを切り替えても、見る角度は変わりません。
    確認後、ビューは[Default]にしておきます。

  5. 新しいビューリプレゼンテーションの作成
    更にビューを作成します。新しいビューリプレゼンテーションを作成し[フレーム]としてください。
    ※この時、アクティブなビューが[Default]であることを確認してください。
    新規に作成するリプレゼンテーションは、アクティブな状態のものをコピーしています。
  6. 不要なパーツの非表示
    [P7:1]から[平歯車]までを選択し、表示設定の✓を外します。

    後輪タイヤがついていないことが判ります。
    [コンポーネント配置]から[後輪.iam]を配置してください。
    ※アセンブリ拘束はつけないままで構いません。

  7. リプレゼンテーションの状態確認
    [内部構造]に切り替え、表示を確認します。
    [後輪]が表示され、ビューがおかしくなっています。


    [内部構造]に新しく追加したコンポーネントが表示されないよう設定を変えましょう。
    [後輪]を削除します。

  8. リプレゼンテーションのロック
    [後輪]を削除した後、[内部構造]を右クリックし[ロック]を選択します。

    ロック後[フレーム]をアクティブにし、再度[後輪]を配置します。
    [内部構造]に切り替え、表示を確認してください。


    [ロック]されているので、[後輪]は表示されなくなりました。

操作方法紹介動画


春の "イコウ" キャンペーン【2018年4月20日まで】

古いオートデスク製品をお持ちの方は最大で25%お得になります。
サイバーエースからのご注文でさらにお得に!