Inventorの動作環境

Autodesk Inventor Professional 2020 対応OS

  • 64 ビット版 Microsoft® Windows® 10 半期チャネル
  • 64 ビット版 Microsoft Windows 7 SP1 (更新プログラム KB4019990 のインストールが必要)

Windows 8.1、8、Vista、XPは対応しておりません。ご注意ください。

対応CPU タイプ

 

  • 3.0 GHz 以上、4 コア以上

Core i7、Xeonなら問題ありませんが、Celeronは少し厳しい感じがします。

メモリ

推奨20 GB以上(パーツが500個未満のアセンブリの場合、8GB)

16GB以上積んでしまった方が安心です。

ディスプレイ

解像度1,024 x 768 (推奨1,600 x 1,050 以上)

最近のInventorは、画面配置がワイド画面用に設計されていますので、ワイドモニタがお勧めです。

グラフィックカード

推奨:
Microsoft Direct3D 11® 対応のグラフィックス カード、またはそれ以上

最小:
Microsoft Direct3D® 10 対応のグラフィックス カード、またはそれ以上

グラフィック一体型では少し動作が重くなりますので、ワークステーション用のグラフィックカードをお勧めします。

  • NVIDIA場合:Quadro
  • AMDの場合:FireGL

ハードディスクの空き領域

40 GB

次はInventorを含む製品や価格をご紹介します。
→製品体系・価格