作業平面にスケッチで文字を作成すると裏返しになってしまう


Inventorで作業平面にスケッチを作成後、文字を作成したときに文字が裏返しになってしまったときの対処方法をご紹介します。

トラブル状況

  1. 新規パーツを作成します。

  2. 円柱を作成します。

  3. XZ平面からマイナス方向にオフセットした作業平面を作成します。
    XZ平面をマイナス方向へドラッグして、面から少し離れた所までもっていきます。
      

  4. 作業平面にスケッチを作成します。

  5. 「文字」コマンドを実行します。

  6. 作業平面の適当な場所をクリックしてください。
    文字書式ウィンドウが表示されるので、白い枠(テキストボックス)の中に文字を入れます。

  7. 文字の位置を「中央揃え」に変更します。

  8. 設定が完了したらOKをクリックします。

  9. 文字が裏返しになってしまいました。


解決方法

  1. 作業平面の上で右クリックし、「法線を反転」を選択します。

  2. 作業平面が反転され、文字が表になりました。

  3. で文字を埋めこんでみましょう。

春の "イコウ" キャンペーン【2018年4月20日まで】

古いオートデスク製品をお持ちの方は最大で25%お得になります。
サイバーエースからのご注文でさらにお得に!