iFeatureの作成


InventorでiFeatureとして登録したいフィーチャを作成し、他のパーツに配置できるようにする方法をご紹介します

概要
iFeatureとは
再使用可能な1つまたは複数のフィーチャのことです。フィーチャの再利用。
パーツの中にあるフィーチャを作成した作業手順を繰り返すことなく、
そのパーツの他の部分や、他のパーツに適用することが可能です。

iFeatureは、配置するだけでなく、寸法を入力して編集しながら配置することが可能です。
寸法リスト選択、入力値の範囲制限が可能です。

拡張子は【ide】です。

※iFeature作成のヒント
基本参照ジオメトリを使用しない(Originは使用しない)。
数式の利用(比例関係等)。
水平拘束や垂直拘束を使用しない(平行と直行で)。
テーブル駆動iFeatute利用は、必要なパラメータを追加。
※パラメータを利用することを推奨します。
親iFeatureを変更しても、使用しているiFeatureは変更されない。(リンク関係はない)

シートメタルで使用可能なiFeature
パンチツールとして使用可能です。
通常のiFeatureとは作成が異なります。

パンチツールとは?
シートメタル環境のみ利用できるiFeatureを利用する機能です。
スケッチ上にある中心点全てに、Featureを作成することができます。

  1.  iFeatureを抽出するPartの作成をします。
    (iFetureとして登録したいフィーチャを作成します。)
    パーツを新規作成します。

  2. XY平面に下図スケッチを作成します。
    スケッチ後、コマンドで5mm押し出してください。

  3. パラメータの作成をします。
    今回は長穴を作成します。長穴を作成する際に必要なパラメータを作成しましょう。
    [幅][高さ][深さ]の三つのパラメータを作成します。
    [幅]10mm,[高さ]5mm,[深さ]5mmに設定しましょう。

  4. iFeature用のフィーチャを作成します。
    新規にスケッチを作成し、長穴をスケッチします。
    下図のようにスケッチを作成し、寸法を与えてください。(中心の構築線は配置時に使用します)
    スケッチ作成後、[深さ]mm押し出します。

  5. iFeatureを抽出します。
    [管理]タブから[iFeatureを抽出]を開き、ブラウザから[押し出し2]を選択します。


    設定してあるパラメータ、配置する際に必要となる位置ジオメトリが自動的に選択されます。
    作成したパラメータが読み込まれており、位置ジオメトリが[プロファイル平面1]のみであることを確認し、[保存]をクリックしてください。
    ファイル名は[長穴.ide]とします。
    ※プロジェクトで、iFeatureライブラリを作成しておくと便利です。

  6. [長穴.ide]の配置をします。
    作成した長穴のiFeatureを配置します。
    パーツを新規作成します

  7. 50×80の長方形を作成し、10mm押し出してください。

  8. [管理]タブからをクリックします。
    [長穴.ide]を開き、先程作成したボディの面をクリックします。

  9. iFeatureのスケッチを編集し、下図の様に完全拘束します。

操作方法紹介動画


話題のFUSION 360