パラメータアニメーション・フェードアニメーション・カメラアニメーション


パラメータアニメーションとは?
モデル作成時にユーザーパラメータを作成しておくことで、その値を変化させ、アニメーションを作成することが可能です。
例えば、ばねが伸び縮みするアニメーションや、物が削れていく場面など、モデルの形状が変化するアニメーションの作成が可能です。
フェードアニメーションとは?
アニメーション中の、モデルの透明度を制御することが可能です。
カメラアニメーションとは?
アニメーション中の、モデルの見える角度や大きさを制御することが可能です。

サスペンジョンモデルのスプリングが動く様子をアニメーションで作成します。

  1. [サスペンションTOP.iam]を開きます。
    サスペンションTOP.iamダウンロード(2016形式)

  2. アセンブリの構成を確認後、TOPアセンブリに戻り[Inventor Studio]環境に入ります。
    ※[スプリング.ipt]を開き、スプリングの高さの値がユーザーパラメータとして作成されている事を確認します。
    (コイルを[巻き数と高さ]で作成し、高さをパラメータにしてあります)

  3. [アニメーションタイムライン]ウィンドウを表示します。

    を実行します。

  4. アニメーション全体の長さを3秒に設定します。
    [アニメーションオプション]をクリックします。

    長さを3秒に設定し、OKをクリックします。

    [アクションエディタを展開]をクリックします。
    ※アニメーションのタスクが確認しやすくなります。

  5. フェードアニメーションの設定をします。
    シリンダーを徐々に半透明にし、中のスプリングが見えてくるフェードアニメーションを作成します。

    を実行し、半透明にしたいコンポーネント(A.ipt)を選択し、以下のように設定しOKをクリックします。

  6. アニメーションの動きを確認します。
    [開始へジャンプ]をクリックし、[アニメーション再生]をクリックします。

  7. カメラアニメーション(アニメーション中のカメラの動き)を設定します。
    ブラウザで[カメラ]を右クリックし、[ビューからカメラを設定]を選択します。

  8. [カメラ1]が作成されました。アニメーションタイムラインのカメラを[カメラ1]に切り替えます。

  9. [カメラ1]を右クリックし、[カメラアニメーション]を選択します。

  10. 終了時間を1秒に設定し、[定義]をクリックします。

    [ビューにリンク]にチェックを入れ、1秒後に見えていて欲しいビューをオービットなどを使い実際に表示させた状態で[OK]をクリックします。

  11. 0~1秒までのカメラが設定できました。
    [アクションを終了して新規アクションを開始]をクリックします。
  12. 続けて1~2秒までのカメラ設定をします。
    終了時間を2秒に変更し、[定義]をクリックします。

    [ビューにリンク]にチェックを入れ、2秒の時に見えて欲しいビューにし[OK]をクリックします。

  13.  同様に2~3秒までのカメラも定義して下さい。
    定義できましたらアニメーションを再生させてください。
    カメラの設定通りに、移動しながらシリンダーが半透明になるアニメーションが確認できます。

  14. スプリングが動くパラメータアニメーションを設定します。
    を実行し、ブラウザで[スプリング.ipt]を選択します。
    [お気に入りのパラメータ]ウィンドウに表示された[スプリング]をクリックします。
    [高さ]が表示されるので、[お気に入り]にチェックを入れ[OK]をクリックします。

  15. ブラウザの[アニメーションのお気に入り]を展開し、[高さ]を右クリックで[パラメータアニメーション]を選択します。

  16. 0~2秒で、スプリングの長さが140mmから70mmまで縮むように設定をします。
    続けて2~3秒の設定をしますので[アクションを終了して新規アクションを開始]をクリックします。

  17. 開始時間が2秒になっていない場合は、[指定]をクリックした後、時間を入力します。

  18. ア二メーションを再生させてください。
    カメラの設定通りに、移動しながらシリンダーが半透明になり、スプリングが伸び縮みするアニメーションを確認できます。
    ※コンピュータの性能によっては、アニメーションが滑らかに動かない場合がありますが、レンダリングアニメーションで動画ファイルを作成しますと、滑らかな動画が作成されます。レンダリングアニメーションについては次の章で行います。

  19.  設定を修正します。
    カメラの1~2秒を再度編集する為、アニメーションタイムラインのブラウザから[カメラ1]を選択し、右側の青いバーの1~2秒の部分を右クリックし、[編集]を選択します。

  20. [定義]ボタンをクリックし[ビューにリンク]にチェックを入れます。
    希望の見え方になりましたら、[OK]をクリックし、再度[OK]をクリックします。

  21. 出来ましたらアニメーションを再生させてみてください。
    修正されたカメラ位置になっていることが確認できます。

操作方法紹介動画



話題のFUSION 360