作業平面にスケッチで文字を作成すると裏返しになってしまう


Inventorで作業平面にスケッチを作成後、文字を作成したときに文字が裏返しになってしまったときの対処方法をご紹介します。

トラブル状況

  1. 新規パーツを作成します。

  2. 円柱を作成します。

  3. XZ平面からマイナス方向にオフセットした作業平面を作成します。
    XZ平面をマイナス方向へドラッグして、面から少し離れた所までもっていきます。
      

  4. 作業平面にスケッチを作成します。

  5. 「文字」コマンドを実行します。

  6. 作業平面の適当な場所をクリックしてください。
    文字書式ウィンドウが表示されるので、白い枠(テキストボックス)の中に文字を入れます。

  7. 文字の位置を「中央揃え」に変更します。

  8. 設定が完了したらOKをクリックします。

  9. 文字が裏返しになってしまいました。


解決方法

  1. 作業平面の上で右クリックし、「法線を反転」を選択します。

  2. 作業平面が反転され、文字が表になりました。

  3. で文字を埋めこんでみましょう。

Inventor 2015以前のバージョンは新しいパソコンに引っ越しできません!


サイバーエースでは、Inventorやパソコンの引っ越しもお手伝いします。
InventorやAutoCADの対応状況確認はこちら

話題のFUSION 360

年間6万円で3DCAD/CAM/解析が使用できます。



記事内容へのお問い合わせはこちら

サイバーエースへのメールでのお問い合せは、こちらのフォームをご利用下さい。
(サイバーエースはAutodeskの認定販売店です)
また、お電話【0544-29-7654】での対応も行っております。
許可をいただければ遠隔操作での対応も可能です。
お気軽にご連絡下さい。

お客様にご記入いただきました個人情報につきましては、当社で責任をもって管理し、お客様へのご回答にのみ使用させていただきます。
第三者への開示や他の目的での使用はいたしません。
お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
お問い合わせ内容 ※必須