アセンブリに配置されているパーツを間違えて上書き保存してしまったので元に戻したい


Inventorでアセンブリに配置されているパーツの形を変えて間違えて上書き保存してしまい、パーツとの間に拘束のエラーが出てしまうので、元の状態に戻したいときの対処方法をご紹介します。

トラブル状況

  1. アセンブリを開き、パーツを開きます。

  2. 「P19-4締付板」の穴を削除し、上書き保存します。

  3. 穴が無くなってしまったので、拘束にエラーが出てしまいました。

解決方法

  1. Windowsエクスプローラで「P19-4締付板.ipt」を削除します。

  2. 「P19-4締付板.ipt」が入っていたフォルダの「Old Versions」フォルダを開きます。

  3. 「P19-4締付板.000X.ipt」をコピーします。

  4. 1つ上の階層のフォルダに貼り付けます。

  5. 名前変更し、「.000X」を削除します。

  6. アセンブリを開きます。
    エラーがなくなり、元の状態で開くことができました。

 

 

Inventor 2015以前のバージョンは新しいパソコンに引っ越しできません!


サイバーエースでは、Inventorやパソコンの引っ越しもお手伝いします。
InventorやAutoCADの対応状況確認はこちら

話題のFUSION 360

年間6万円で3DCAD/CAM/解析が使用できます。



記事内容へのお問い合わせはこちら

サイバーエースへのメールでのお問い合せは、こちらのフォームをご利用下さい。
(サイバーエースはAutodeskの認定販売店です)
また、お電話【0544-29-7654】での対応も行っております。
許可をいただければ遠隔操作での対応も可能です。
お気軽にご連絡下さい。

お客様にご記入いただきました個人情報につきましては、当社で責任をもって管理し、お客様へのご回答にのみ使用させていただきます。
第三者への開示や他の目的での使用はいたしません。
お名前 ※必須
電話番号
メールアドレス ※必須
お問い合わせ内容 ※必須