コンポーネントアニメーション

コンポーネントアニメーションとは? モデルの位置を回転、移動させる場合に使用します。 RCカーが走る様子をアニメーションで作成します。 [CAR移動TOP.iam]を開きます。 CAR移動TOP.iamダウンロード(20…

続きを読む

実物のような静止画を作成

InventorStudioを使用し、実物のような静止画(レンダリングイメージ)を作成する。 [RCCarTOP.iam]を開き、モデルを確認します。 RCCarTOP.iam(2016形式) Inventor Stud…

続きを読む

詳細レベルリプレゼンテーション

詳細レベルリプレゼンテーションとは? 大規模なアセンブリを扱う際に使用する機能です。 この機能を利用することで、大規模アセンブリを容易に開く事ができます。 [すべてのパーツを省略]でのファイルの展開 詳細レベルリプレゼン…

続きを読む

オーバーレイ

Inventorで作成したポジションを図面で表現する方法をご紹介します。 オーバーレイを使用すると、ポジションに登録してある状態が一点鎖線で表示されます。  図面の作成 新規図面を作成し、先ほど作成した[シリンダー.ia…

続きを読む

ポジションリプレゼンテーション

ポジションビューリプレゼンテーションとは? アセンブリの様々な状態を保存する機能です。 この機能を利用する事で、動きのあるアセンブリの移動前・移動後等を素早く切り替える事が可能です。 新規リプレゼンテーションの作成 [シ…

続きを読む

デザインビューリプレゼンテーション

Inventorでアセンブリの様々な表示設定を記録し、保存する方法をご紹介します。 制御できるビューには、表示、非表示、色、ズーム倍率などが存在します。 新規デザインビューリプレゼンテーションの作成 [ミニカー.iam]…

続きを読む

iFeatureの作成 ― パンチツール

 パンチツール用のiFeatureを作成します。 パンチツール用のiFeatureはシートメタル環境で作成します。 シートメタルパーツを新規作成します。 基準面の作成をします。 XY平面に下図スケッチを作成します。 スケ…

続きを読む

iFeatureの作成

InventorでiFeatureとして登録したいフィーチャを作成し、他のパーツに配置できるようにする方法をご紹介します 概要 iFeatureとは 再使用可能な1つまたは複数のフィーチャのことです。フィーチャの再利用。…

続きを読む

iPart/iAssemblyの活用方法

iPart/iAssemblyのファイルについて iPart/iAssemblyファクトリ(親ファイル)とメンバ(子ファイル) iPart/iAssemblyは、ファクトリとメンバで構成されます。 ファクトリとは、使用す…

続きを読む