詳細レベルリプレゼンテーション

詳細レベルリプレゼンテーションとは? 大規模なアセンブリを扱う際に使用する機能です。 この機能を利用することで、大規模アセンブリを容易に開く事ができます。 [すべてのパーツを省略]でのファイルの展開 詳細レベルリプレゼン…

続きを読む

オーバーレイ

Inventorで作成したポジションを図面で表現する方法をご紹介します。 オーバーレイを使用すると、ポジションに登録してある状態が一点鎖線で表示されます。  図面の作成 新規図面を作成し、先ほど作成した[シリンダー.ia…

続きを読む

ポジションリプレゼンテーション

ポジションビューリプレゼンテーションとは? アセンブリの様々な状態を保存する機能です。 この機能を利用する事で、動きのあるアセンブリの移動前・移動後等を素早く切り替える事が可能です。 新規リプレゼンテーションの作成 [シ…

続きを読む

デザインビューリプレゼンテーション

Inventorでアセンブリの様々な表示設定を記録し、保存する方法をご紹介します。 制御できるビューには、表示、非表示、色、ズーム倍率などが存在します。 新規デザインビューリプレゼンテーションの作成 [ミニカー.iam]…

続きを読む

iFeatureの作成 ― パンチツール

 パンチツール用のiFeatureを作成します。 パンチツール用のiFeatureはシートメタル環境で作成します。 シートメタルパーツを新規作成します。 基準面の作成をします。 XY平面に下図スケッチを作成します。 スケ…

続きを読む

iFeatureの作成

InventorでiFeatureとして登録したいフィーチャを作成し、他のパーツに配置できるようにする方法をご紹介します 概要 iFeatureとは 再使用可能な1つまたは複数のフィーチャのことです。フィーチャの再利用。…

続きを読む

iPart/iAssemblyの活用方法

iPart/iAssemblyのファイルについて iPart/iAssemblyファクトリ(親ファイル)とメンバ(子ファイル) iPart/iAssemblyは、ファクトリとメンバで構成されます。 ファクトリとは、使用す…

続きを読む

iMate作成、利用方法

InventorでiMateを作成、利用する方法をご紹介します。 概要 iMateとは コンポーネントにあらかじめアセンブリ拘束を配置しておくことができます。 アセンブリ拘束を定義して、名前を付けておくことができます。 …

続きを読む

iAssembly作成、使用方法

iAssemblyの作成(サイズ、省略変更)方法、作成したiAssemblyの使用方法をご紹介します。 [iPart]の作成《iPartファクトリを2ファイル作成》 パーツを新規作成します。 XZ平面に下図のスケッチを作…

続きを読む

iPart作成、使用方法

iPart作成(サイズ変更、材料変更)の方法、モデルのiPart化、iPart使用方法をご紹介します。  デスクトップに[共通部品]フォルダを作成します。 [共通部品]フォルダ内に、[iPart]、[iAssembly]…

続きを読む