iFeatureの作成 ― パンチツール

 パンチツール用のiFeatureを作成します。 パンチツール用のiFeatureはシートメタル環境で作成します。 シートメタルパーツを新規作成します。 基準面の作成をします。 XY平面に下図スケッチを作成します。 スケ…

続きを読む

iFeatureの作成

InventorでiFeatureとして登録したいフィーチャを作成し、他のパーツに配置できるようにする方法をご紹介します 概要 iFeatureとは 再使用可能な1つまたは複数のフィーチャのことです。フィーチャの再利用。…

続きを読む

iPart/iAssemblyの活用方法

iPart/iAssemblyのファイルについて iPart/iAssemblyファクトリ(親ファイル)とメンバ(子ファイル) iPart/iAssemblyは、ファクトリとメンバで構成されます。 ファクトリとは、使用す…

続きを読む

iMate作成、利用方法

InventorでiMateを作成、利用する方法をご紹介します。 概要 iMateとは コンポーネントにあらかじめアセンブリ拘束を配置しておくことができます。 アセンブリ拘束を定義して、名前を付けておくことができます。 …

続きを読む

iAssembly作成、使用方法

iAssemblyの作成(サイズ、省略変更)方法、作成したiAssemblyの使用方法をご紹介します。 [iPart]の作成《iPartファクトリを2ファイル作成》 パーツを新規作成します。 XZ平面に下図のスケッチを作…

続きを読む

iPart作成、使用方法

iPart作成(サイズ変更、材料変更)の方法、モデルのiPart化、iPart使用方法をご紹介します。  デスクトップに[共通部品]フォルダを作成します。 [共通部品]フォルダ内に、[iPart]、[iAssembly]…

続きを読む

ダイレクト編集

Inventorでダイレクト編集を使用し、履歴に関係なくモデルの形状、サイズなどを編集する方法をご紹介します。    「Direct.ipt」を開きます。 Direct.iptのダウンロード(2017形式) コ…

続きを読む

3Dスケッチの利用

Inventorの3Dスケッチを利用したスイープを作成する方法をご紹介します。  パーツを新規作成します。 「3Dスケッチを開始」を選択します。 「線分」を選択します。 ホームビューにします。 ブラウザの[Origin]…

続きを読む

ファイル管理

Inventorで新しい製品を作成する時のプロジェクトの作成方法、利用方法、ファイル名の変更方法をご紹介します。 新しい製品を作り始める為、プロジェクトを新規作成しましょう。 まず、モデルを保存するフォルダを作成するので…

続きを読む

2次元図面からのモデルの作成2

2次元図面の一部を挿入しモデルを作成する方法をご紹介します。  パーツを新規作成します。 「D14-1.dwg」を開きます。 D14-1.dwgダウンロード(2010形式) 2次元図面の正面図のみ挿入し、厚みをつけましょ…

続きを読む